ヘルペス対策のための食事

  • HOME > ヘルペス対策のための食事

ヘルペスでは食事も大切

ヘルペスウイルスに一旦感染してしまうと根治するというのは、本当に難しくなりますので、体がこのウイルスが存在しているという状況に対処できるようにしなければいけません。

もちろん、外用薬や内服薬などを使い、ヘルペスに対処するということも良いことですが、ヘルペスに抵抗できるような体を作ることはもっと大切です。

では、どのような食事を食べることでヘルペスに抵抗し易い体を作ることができるのでしょうか?

最初に挙げることのできる料理は「納豆」です。
納豆には、消化酵素がたくさん含まれていますので、ヘルペスに対する抵抗力を強めてくれます。

毎日納豆を食べるなら、ヘルペスを含めウイルスに強い体を作ることができます。

お蕎麦もヘルペスには有効です。
蕎麦には「リジン」という成分が含まれており、リジンは「アルギニン」という物質が増えるのを防いでくれます。

研究によると、この「アルギニン」という物質が、ヘルペスウイルスの食事になっているということなので、アルギニンを増やさないようにするリジンが配合されている蕎麦には効果があるようです。

牛肉にも同様の成分「リジン」が大量に含まれていますので、牛肉の摂取も大切になります。1週間に一度は焼肉を食べてみても良いかもしれません。

ヘルペスを根治するのが難しい以上、それに抵抗できるような体を作ることはとても重要です。

そんな体を作るためには運動も非常に大切です。

それと同時に、良い食事をすることでウイルスに強い体を作り上げることも大切になってきます。

そんな体を作るのに良い食材について、さらに説明します。

ここで説明している食材を使って料理を作ってみてください。そうすると、ヘルペスウイルスが三叉神経から降りてきたとしても、あまり症状を感じなくなってくるでしょう。

1 ブロッコリー
この野菜にはウイルスに抵抗するための栄養素が沢山含まれていますので、できるだけたくさん食べるようにしましょう。白血球や血管を強くしますので、ウイルスに抵抗できる体を作れます。

2 ホウレンソウ
ホウレンソウの役割の1つには粘膜の保護というものがあります。
粘膜が傷ついていると、そこからウイルスが入り込んできて感染してしまいますので、ホウレンソウの役割もとても高くなっています。

3 梅干
梅干には昔から抗菌作用があると信じられてきましたが、現代ではそれが科学によって証明されていますので、やはりウイルスの一種であるヘルペスにも効果的です。

良い摂取方法は、梅干をお茶に入れて飲んでみることです。味は好き嫌いがあるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

女の子と仲良くなりたい