角膜ヘルペスをどう治療するか?

  • HOME > 角膜ヘルペスをどう治療するか?

角膜ヘルペスは早急に治療の必要がある

角膜ヘルペスは、ヘルペスウイルスに触れた媒体、例えば手などで目を擦ること、コンタクトレンズに触れることによって、他の部位のヘルペスウイルスが目に転移してしまうことで起きる病気です。

角膜でヘルペスウイルスが活発に活動してしまう状況は望ましいものではありませんので、早急に治療を行う必要があります。

では角膜ヘルペスはどのように治療していくのでしょうか?
角膜ヘルペスには2種類のパターンがありますので、それぞれのパターンに合わせて治療を行っていく必要があります。

この方法を間違ってしまうと、思ったような効果を得ることが難しくなってしまいます。

1上皮型角膜ヘルペスの治療
治療方法は2つを同時に行なっていくことになります。最初は内服薬の「アシクロビル」という抗ウイルスを飲むことになります。

こうして体内から、ヘルペスウイルスに対処するようにしますが、目的はウイルスを増やさない事、炎症を抑えることです。

加えて目薬を使って、細菌感染が発生しないように予防します。

2実質型角膜ヘルペス
こちらも「アシクロビル」というウイルスに抵抗するための薬剤を服用することになります。

それに加えて、ステロイド系抗炎症薬を使うことでヘルペスウイルスによって炎症が起きないようにします。

女の子と仲良くなりたい